コービー・ブライアントのパフォーマンス第3位!ペイサーズとの2000年ファイナル第4戦

コービー・ブライアントが現役を引退した。

現役最終戦で驚異の40得点をあげるなど、まだまだ現役を続けられそうなパフォーマンスを見せたコービー。

数々の偉業を成し遂げたコービーのキャリアTOP10パフォーマンスを振り返る。

今回はキャリア第3位となるパフォーマンスである、インディアナ・ペイサーズとの2000年ファイナル第4戦。

後半とオーバータイムだけで22得点を記録し、レイカーズが勝利!

レイカーズはファイナル戦績を3勝1敗とし、この年のファイナルを4勝2敗で制覇!

スリーピートへの第一歩が始まった。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ

  1. シャックことシャキール・オニールが選ぶShaqtin A Foolの2016-17シーズンのエピソー…
  2. 現地21日のシカゴ・ブルズ戦でクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが36得点、9アシ…
  3. クリス・ポールとジェームズ・ハーデンの2018NBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルベストプ…

【PR】

Twitter

PAGE TOP