ディアンドレ・ジョーダンがドワイト・ハワードを小馬鹿にするプロモを制作

2016年のNBAオールスター投票で得票数を増やすため、独自のプロモーションムービーを制作するプレーヤーもいる。

ロサンゼルス・クリッパーズのオールスターセンター、ディアンドレ・ジョーダンもそのひとり。

今年のディアンドレ・ジョーダンは、ライバルであるドワイト・ハワードを小馬鹿にしたプロモーションムービーでファンにアピールした。

ちなみに、第3回投票結果でディアンドレ・ジョーダンはドワイト・ハワードに次ぐウェスタン・カンファレンスのフロントコート部門13位。

ディアンドレ・ジョーダンが133,484票を獲得したのに対し、ドワイト・ハワードは155,975表を獲得。

頑張れディアンドレ!

【スポンサーリンク】

 

【スポンサーリンク】

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ

  1. ケンタッキー大出身で、ニューオーリンズ・ペリカンズのデマーカス・カズンズが、現地13日のミルウォーキ…
  2. NBA2017-18シーズンのベストノールックアシスト集!レブロン・ジェームズってほんとパス…
  3. インディアナ・ペイサーズ時代以降、目立った活躍を見せることができていないランス・スティーブンソンが、…

【PR】

Twitter

PAGE TOP